1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺仕事人2007 

先週の土曜日に放映されたドラマ「必殺仕事人2007」をビデオに録画していたので、ようやく見ました。

感想は、以前のハードボイルドな香りが随分薄れた印象。
まあ、それなりに楽しめたんですけど、今一歩何かが足りない。

で、いろいろ考えてみたんですけど、2つほど思い当たりました。

一つ目

CGを使用している。

仕事人が敵を討つときの映像が臨場感がないんです。
昔は全て実写。
三味線も組紐も何もかも全て実写で撮っていたんですよね。
それに比べると、迫力に欠けてました。

二つ目

なぜジャニーズ?

主要な役者をジャニーズで固めているんですけど、特に演技に定評があるわけじゃないのに、若い子の目を惹きつけようという魂胆が見え見え。
せっかく悪役連中が有名どころをそろえて、いい感じだったんで惜しい!
いぶし銀の仕事人が一人くらいいても良かったんじゃないでしょうか?

なんか次回作もやりそうな気がするけど、やるならもう少し渋さをドラマ全体にかもしだしてほしいなあ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://suipanikki.blog107.fc2.com/tb.php/22-3d25e4c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。